2018.07.18 Wednesday 10:32

原因はストレス

実家から帰った晩

あのクッチョロさんがご飯を食べなかった

5年前のヘルニアになった日、以来の事

この子たちがご飯を食べないなんて

よほどの事が体でおきてる

 

(下痢の画像あります)

 

 

 

 

今朝(火曜)の便

ペーパーを当ててみた

お尻を拭いた

 

血が混じるというより

 

朝一番、お歌の病院へ

今朝(火曜)のご飯は食べれたけど元気はない

 

診察室入るなり

「痩せましたね」と先生

 

まず血液検査

CRPは6.5(ろ、6.5?!)

相当強い炎症が起きている

赤い文字のところ白血球

通常の下痢で数値はここまで上がらない

アルブミンは上がりはしないが下がりもせず保ててる

コレステロールは85mg/dLから基準値に上がった!

総タンパクも基準値に入った!

管理は出来ているとの事なので

今回の下痢とIBDは無関係

 

今回の下痢は

CRP数値、好塩基球数値の高値から

 

強度のストレスによる下痢

 

今回の埼玉までの長い移動?

9歳、今までと同じでは体が付いていかない?

さらに今年の異常な暑さ・・・

クッチョロ

下痢止めと抗生剤の注射2本で

グンと良い表情になった

(痩せて、顔ばかり大きく見える)

 

下痢止め、整腸剤2錠ずつ/朝晩

多い、だいぶ炎症がひどいんだな

 

クッチョロの下痢はしょっちゅうなので

少し慎重さに欠けてしまっていた(私)

(実家に帰る前日も下痢だったのに)

父と母にクッチョロととっちゃんを会わせたかった

 

どこでも一緒に、たくさん遊びたいけど

過ごしやすい季節までグッと我慢だし

9歳という年齢も考えないと

(とっちゃんとガッツリやりあってるので忘れちゃう)

クッチョロ、しんどい思いさせてごめん

 

 

 

※※※※※※※

火曜AM注射

夕食後(3時間後)、嘔吐

便無し

今朝、水曜日

食欲あり

便無し、元気なし


2018.04.25 Wednesday 10:43

現状と今後

24日火曜日にお歌の病院へ

気になっている血液検査、やはり今回も

ALBはぎりぎり基準値内ではあるが低い

コレステロールはさらに低くなった

(それでも体重は7,3kgまで増えた)

内視鏡で確定診断が出来るが一向に改善しない数値から

やはりIBD(炎症性腸疾患)であろうとのこと

完全に完治は無く一生付き合う病気

原因はアレルギーからであろう

 

今の段階は治療に入るまではまだ少し余裕がある

治療はステロイド投薬

一生涯、飲まなければならないなら

投薬時期を遅らせたい

今後は3か月に一度、血液検査をしていき

いよいよ数値が限界になったら

ステロイドの投薬治療

 

治療に入る時期が遅れれば手遅れになるとの事なので

3か月ごとの血液検査はしっかり行う

多い病気だけどフレブルのIBDは少しやっかいとの事

 

さらにクッチョロの歯周病が発覚

IBDが酷くなれば全身麻酔が使えないので

治せる歯周病も治せない

いまの段階なら全身麻酔が使える

とにかくまだ少し余裕があるなら

毎日必死の膿出し歯ブラシしよう

 

耳毛と髭のカットもしてもらったハート

最近「ゴリエもんとかエネゴリちゃん」なんて

あだ名を付けられていたcucciolo(私だけか:笑)

もうゴリエもんなんて言えないよ〜

お留守番できないとっちゃんも同行してお散歩

雨が降りそうで暑かったね〜

・・・

ゴリエちゃんくらいにしとこうか?

cucciolo、お腹の事も歯の事もごめんね

遅くなっちゃったけど出来ることやってみるから!

 

とっちゃんは

血下痢事件でどうしても狂犬病接種に踏み切れない

しっかり体調が戻ったことが確認できるまで

注射を見合わせてもらう手続きをした

もう二度とあんな酷い目は見せられない

やれる限りやって

まだまだがんばっていこー(・∀・)○

 


2018.02.13 Tuesday 14:58

出目ちゃん

充血と目ヤニがあったので本日お歌の病院

傷の部分が緑色になるあの薬

やっぱしあ

3mm×5mm程度の傷あり

擦り傷のようなので、絨毯でスリスリだな〜

ということでいつもの目薬、1日3回

耳もマラセチアがでてたけどケトコナゾールはアウトなので

洗浄液で対応

出目ちゃん、どーしてもやっちゃうね顔

 

【慢性下痢、アルブミンの相談】

※リンパ球反応テスト(4,5万程度)でアレルギー排除食

(これは今までも今もやっている)

抗生剤を2週間〜1か月程度続けて反応を見る

上記、消去方で原因を探る

改善されなければIBD検査

【現状】

出来るだけ脂肪を排除した

ペースト状の食事を1日4回

泥上の💩と歯磨きチューブの💩

水に近かったので少し改善

ハゲは増えていないが減っていない

 

さて、どうしていこうかふきだし

 


2018.02.05 Monday 12:53

アルブミン

金曜日、名古屋へ受診

待ってる間、ピシリとスタンディング―手

絶好調なとっちゃん

(吠えたりはしないけど遊べ遊べとふうぅ〜ばかり言う)

今回の受診目的は絶好調なトッティのリハビリの件と

クッチョロの低アルブミン、ふらつき原因を探る血液検査

クッチョロさんのその表情は硬い

そうだね朝食抜きだもんね

(そっちだったのね)

9時にIN、10時半に検査の為に預けて12時半に戻る

 

【クッチョロ血液検査の結果】

アルブミンの数値は低いまま、総タンパクも低値

おそらくの病名を伺った

治療を始めることを勧められる

今後、9歳10歳で起こりうる子宮や乳腺等の疾病時

アルブミンの数値が低いと麻酔に体が耐えられない

つまり手術で治せる病気なのに手術が出来ない

さらにどんどん痩せて体力が落ち最悪なことも

起こりうる

 

【後ろ脚のふらつき】

低アルブミンで体重減少、足の筋肉が落ちている

【後肢脱毛】

1円玉サイズのハゲが4個5個

免疫力の低下、低アルブミンが原因

 

【膝蓋骨脱臼】

右足グレード2~3、左足グレード2(グレード4段階中)

常にお皿がずれている(いつも言われること)

手術、治療の必要はなく本犬も痛みはない

過去のヘルニアからの神経の影響でもない

毎回親切に分かりやすく説明してくださる

その説明はほぼ、嫌なお話だったな

遊びたくて仕方ないとっちゃん

お話し中、ちょんちょんうるさい

そんなとっちゃんの

【血液検査/神経検査/膀胱検査】

神経の回復は変わっていないらしい

わたし、贔屓目に見過ぎていたらしい

(期待しちまうんだよー泣

プール等のリハビリ、針などもトッティには期待はできないだろう

今後も脊髄歩行でなく反射歩行に向けて自宅でマッサージなど

それによってぴょんぴょん2,3歩歩くこともある

そっか・・・

でも、膀胱も内臓も100点満点!

元気度100%なとっちゃんだってkyu

毎回もっともっとを望んじゃうけど

元気ならいいよ!今元気なら

そんなとっちゃんのご要望にお応えして公園

アスレチックとかある大きな公園へ

わくわく楽しそうだった

 

先生の専門は整形なので今後クッチョロの件に関しては

主治医で細かい検査、治療を勧められた

もう少し自分でできること見つけて

なんとか頑張りたいのだけど

なんでもっと早くしなかった・・・とか嫌だな

精密検査には全身麻酔

来月9歳、低アルブミンの体で大丈夫なのか?

 

名古屋の先生もお歌の先生も子宮乳腺系の病気を必ず言うけど

避妊手術してなくても長く元気にしてる子いるよね?

は置いといて

とにかく「アルブミン低値対策」が先決。

クッチョロ、

トッティが加わってすっごく元気になったけど

あんな数値では、きっとしんどいよね?

張り合って?無理している時もあるんだろうな

 


2017.08.15 Tuesday 15:46

小さなフレンチブルドッグ

先週受けたクッチョロさんの血液検査「プチドッグ」

結果を聞きに、お歌の病院へ

ほとんどの項目の数値は平均値で良好(・∀・)○

ひとつだけ、アルブミンの数値が平均を下回ってる

(当日の下痢の影響も多少あるらしい)

ひとつだけだけど・・・これはやばいショック

「半年後再検査してアルブミンの数値を見ましょう」と

これ以上、下がるなら何かしらの治療に入る汗

 

アルブミンは肝臓で合成されるようなので肝臓強化食

 

食事療法で腸内環境の改善

 

これくらいしか思いつかないけどアルブミン作戦開始

 

食べているのに体重が減る

こういった場合も要注意との事だけど

クッチョロは今、ほぼ1食なので体重は減って当たり前

(いい方に考えようとする・・・この思い込みも良くないのかも、

tottiの時も「そんなはずはない」の思い込みがあった)

 

ハーネスもユルくなって抜けてしまうようになったので

若かりし頃使っていたベルトタイプを装着

なんだかちびっこ時代を思い出す、かーいらしいうふ

こちらはすっぽり抜けることは無い

私はこっちのハーネスの方が好きだな〜

(廃売になったので馬の鞍?タイプに変えていたけど)

このベルトタイプがまた復活していた!

欲しい・・・よだれ

 

朝さんぽ、テケテケ大股開きで歩くクッチョロさん

小さくなったけど、つくづく実に調子がいい

おいっツッコミ

 

 

 

 

 


2017.04.07 Friday 11:14

疑わしきは止める

一昨日フィラリア検査、爪切りとお尻絞りで病院へ

耳毛、髭、爪、お尻絞りですっきりつるりんこ

近所の公園をくるっとするも気温17度晴れ暑いようで早々に退散

今年の夏も厳しそうだね・・・

耳掃除でトリマーさんから汚れてると指摘され、先生に報告される

掻いてるとか、私はほっとんど気にならなかったんだけど

塗り薬を出される

ミミピュア?初めて・・・

いつものようにググれば「劇薬、危険、嘔吐、下痢・・・」と

不安な文字ばかり並ぶ塗り薬、さらに苦手なケトコナゾールまで入ってる

ケトコナゾール、クッチョロには合わずいつも取り替えてもらうけど

むわけじゃないし・・・と2滴のところ1滴だけ耳付け根に塗った

ら!

翌日午後突然!嘔吐嘔吐嘔吐、吐く事12回、おろおろしてると

シャーーーーーっとまき散らすほどの水下痢!

慌てて休診日の病院へ電話後受診

(吐きやすい犬種だしクッチョロは特によく吐くけどいつもと違う吐き方)

下痢止め、吐き止め、点滴してもらう

点滴はポトポトせず背中にため込んでちびちび吸収させるらしい

寝返りで点滴水は移動するので大丈夫との事

(背中にあった点滴水はわき腹に移動↓)

小刻みに震えてすごくつらそうなクッチョロさんだった

嘔吐は治まるも(げっぷ有)下痢は治まらず

今朝もテンションは低い

とっちゃんのおもちゃ(タオル縛っただけ)を横取りしない

つまり、未だ調子が悪いということ

とっちゃんも物足りなさ感が残るか・・・

でも・・・「きょうのわんこ」には

いつものように激しく反応する

(よっぽど悪ければそうはすまい・・・)

身体から点滴の匂いが消えない、今日も安静だね

突然の異常な吐き方、とシャワー下痢

先生は点耳、しかも塗り薬で副作用は考えにくいと言ったけど

タイミング的にも私にはあの塗り薬が関係しているとしか思えない

ウンチだってずっと調子よかったんだし

なんで不安に思いながら使ってしまったか・・・

今後は怪しいと思ったら絶対止める、ごめんねクッチョロ


2017.02.02 Thursday 13:44

止まれーげりっ!

先週日曜日、トッティと一緒にクッチョロは膝の診察

(お散歩時のびっことふらつきを診てもらう)

名古屋の病院は4年前のヘルニア以来、やや緊張しつつも肝は据わってる

さ、さすがの貫禄エリザベスクッチョロさん、カックイーハート

レントゲン、血液、神経検査の結果

「右足はナックリングを治さなかったり、滑っても元の位置に戻すことをしない」

これは脊椎の変形から来ているもので軽い麻痺とのこと

4年経って変形の進行は大きくなく、止めることは出来ないけど遅くすることは出来るので

引き続き滑らせない飛び降ろさせない無理させないを徹底すること

膝はお皿が外れ入りを繰り返し、痛みはないが違和感でびっこになる、

それが原因で他の筋肉や骨に影響は出ていないので上手に付き合っていく・・・

今後両足を前に突っ張り、天井を仰ぐような痛み方をしたらヘルニア タイプ靴涼候なので

これだけは注意すること。

変形の症状が出始めるとされていた7歳、

ひどい変形はひどいままだけど落ち着いてくれている

結果としては思っていたよりすっごくいい感じだったえへ

 

んが!!レントゲンの画像で小腸がガスでパンパンになっていたショック

おならの発酵臭もひどい・・・

(先週、一週間飲んだ腸の薬は効かなかった)

今回名古屋の先生に別のお薬をだしてもらう

抗生剤「フラジール」1/2錠朝晩10日分

これで下痢、発酵臭が治まらなければ詳しい検査に・・・

かれこれひと月近く続く下痢、今度こそお願い!お薬効いてくださいーお願い

(それと寒い時期だけノイロビタン(ビタミン剤))

 

診察を終え、雨が降り出しそうなので急いですぐ近くの牧野ヶ池緑地公園へ

車から降りるなり、速攻カッ飛ばすとっちゃんダッシュ

クッチョロさんはのんびりでいいよ〜

やっぱり右足は頼りない歩き方で、表情も硬いけど・・・

先生、大丈夫っていったからねえへ

いつも隣りにとっちゃんと

色々あることは越えて行きましょう

 

『下痢経過』

服用5日目も発酵臭、下痢ともに未だ治まらず

一度ごはんも見直し、犬は野菜を消化しにくいという事なので暫くお野菜をストップ

芋、カボチャは便を固くするので続けて、腹持ちにオートミールを追加

あと思いつくのは・・・ストレス?

やはりトッティ優先の毎日、構うことも多い。

クッチョロが本気でトッティにかかっていくこともあって、クッチョロを叱って・・・

ストレス・・・大きな要因のひとつかもしれない顔

 

 


2017.01.19 Thursday 18:33

腸の調子

朝から深刻な顔のとっちゃん

さらに深刻な顔のクッチョロ

緊迫した空気が漂う中、とっちゃんが口火を切った!

覚悟はいいのね?

今年初のお歌の病院に出頭するクッチョロさん

(白髪増えたな〜人のこと言えんけど)

結果、毎度おなじみの・・・お薬たくさん

オーマイガッ!

2週間強続いている下痢で受診

なぜこんなに長く様子見になってしまったか

今回のお下痢『緩いショック 治ったえへ 緩いショック 治ったえへ 』を繰り返した

元気で食欲もあるので脱水症状にもならず体重も減らずで、だらだら・・・

食品のアレルギーや寄生虫の不安もあるし・・・いよいよ本日の受診

今日は便を持参したので顕微鏡で見てもらうが寄生虫等はいない

血液検査も問題なし、CRP検査も正常・・・原因見当たらず(一番嫌なパターン)

特定できない数種の悪玉菌が増殖し腸内環境を乱しているのでは?

ということで

タイロシン(抗生剤)朝晩、ビオフェルミン朝晩を1週間、後再診。

悪玉菌・・・食後のヨーグルトくらいじゃ改善されないのね残念

食品のアレルギーではないとのことだったので良かった、消化のいいごはんと

お薬でちゃちゃっと治しちゃおう!

とか言いながら・・・

2匹に違うお薬・・・結構ややこしー顔

お薬から解放されたいなぁ(cuccioloとtottiのセリフか・・・)

 

 

 

 


2016.11.22 Tuesday 19:48

出目ゆえの・・・

集合〜拡声器

今日の患者(犬)さんは誰ですか?

も〜たまらんのだわー顔

昨日から右目が半開き、目ヤニこってり、濁り目のcuccioloさん

本日病院、はい!診察結果は?

右目:角膜炎/左目:結膜炎_| ̄|○

結膜炎はしょんないとしても、角膜炎!

お散歩時、垣根ばーっかりもぐりこむからでしょがー泣

(日頃、草むらや垣根ばっかり潜り込むcuccioloさん、毎日ひやひやしてたら案の定)

ということで、ずずずらーっと目薬

1日3〜4回点眼、「綺麗になれば、再診はなくて大丈夫でしょう」とのこと。

早めに行って良かったふぅ

 

もうお散歩時は垣根に潜り込まず歩いてくださいムスっ

んじゃ、ゴーグルでもしますか?(お出目なんだからkyu

 

とにかく、みんなで気をつけられるところは気をつけてい行こーグー


2016.09.08 Thursday 15:12

おクスリ対策

先週のクスリの副作用「げろんちょ対策」として考えだした・・・

タラララッタラーン どらえもん「お食事前にちょこっとスープ作戦〜」

ご飯の前に、お薬とキャベジンスープ。

しばし待つこと30分(この間、数回のげっぷあり)

落ち着いた頃、ごはんで・・・作戦大成功手げろんちょは見事治まりました〜

んが!再診で、もう2週間_| ̄|○のお薬・・・え〜悲しス。

はぁ〜あ、、前回と同じくミノサイクリン1/2錠(朝晩)2週間

 

cucciolo〜もう少しがんばるべ手

さて、9月に入ってもまだまだ暑い日晴れが続いております

お散歩に出かけても

「日陰命

まだしばらく、お水が「うめー水」日が続くかな?

元気に楽しく

クッチョロ、トッティ〜あと少し、夏の終わりを楽しもうかえへ


<<new | 1 / 5pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
カウンター
a wall clock
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.