2013.08.31 Saturday 23:59

退院しました

2泊3日の入院で戻りました〜!ご心配お掛けしました
結局下痢と嘔吐の原因は解らず
でもどんな時間帯でも一生懸命対応してくれるお歌の院長には感謝です。

まる3日点滴を受けたので、腕が少し腫れていて、触ると怒りますが・・・

まだ足に少々ダメージがあるようで、ちょっと不思議な格好ですが・・・
待ってました!のTottiはちょこちょこちょっかい出しては怒られて
ぐったりするcuccioloを気にかけながらも、遊びたい魂が治まらず
への字口のTottiくんでした、あしたから少しずつ戻るよ^^

「覚え」
朝カプセル1、白い錠剤1/4、夕白い錠剤1/4(5日間)
まだ感覚がイマイチなのか、しーとぷーのコントロールは出来ない様子。
下痢は治まっていた。体重は7.3kg(これくらいがBESTなのかな?)

2013.06.09 Sunday 13:03

最近のcuccioloさん

疲れると両足ナックリングするけど、それ以外は通常の姿勢で立ってます
散歩時は右足は3割くらいしか使ってないかなぁ〜
しーは、やはり歩きながらだけど、座っても出来るようになりました。
なんと垂れ落としだった、ぷーの感覚は完璧に戻りました!お散歩時にきちんと出来ます
体重は7.3kgまで戻りました、ゆっくりもうちょいがんばりましょう

ヘルニアから半年・・・ずいぶん良くなりました。
お散歩は、ぴこぴこした足取りで一生懸命Tottiについて行けます^^。
深夜の帝王切開からはちょうど1年・・・
「亡くなる可能性を覚悟してください」・・・から1年。今cucioloが居てくれて本当に幸せだよ〜。

(きょうは「黒」が上手く撮れました)

2013.02.15 Friday 21:28

退院後初の検診

検診でお隣の県にあるヘルニア専門病院まで行ってきました。
歩行検査、レントゲン、神経検査等1時間ほどあずけその後先生の説明 。
【覚え】
○おしっこに関しては周辺の神経がダメージ受けたため回復はやや難しいが
ポタポタ垂れないようにしていく訓練をしていく。
(まずはおしっこの時間、回数を増やす。)
○来週あたりから歩行範囲をもう少し広くして、筋肉の強化
○別に要注意箇所あり(発症すれば今回同様タイプ靴硫椎柔大)
今回、ここまで回復したことに先生もとても喜んでくださいました。
「神様が見方してくれたね」と。
緊急帝王切開の時もそうだけどcuccioloは強い。
再発は怖いけど無理ない楽しい生活しようね!きっと大丈夫だよ!

帰り途中サービスエリアで休憩
久々ロングドライブとSAでやや緊張で、あ!およだが


次回は3ヶ月検診。

2013.01.19 Saturday 15:57

祝退院!「いちばん喜んだのは・・・」

 Totti


本日無事退院しました^−^
Tottiのはしゃぎようは激しかった・・・待ち焦がれてたんだもんね!(舌噛んだね・・・)


「しぶめの姐さんcuccioloさんと舎弟Tottiの図」
 
も〜クッチョちゃ〜ん・・・だいちゅき
   
喜びすぎて耳がペッタンコのTottiでした〜

2013.01.14 Monday 18:40

早く来い来い19日!

 やった〜cuccioloの退院が決まりました^0^19日です〜
昨日の日曜日にmaroと面会に行ってきました。
私達を見たら耳を寝かせて両腕で走って来てくれました

まだ足の裏は付けられないけど上手に立ってます
背骨が出て、足も少し細くなったかな?な〜にすぐ戻るさ!子豚尻にね

別れ際のcucciolo・・・。また来るよ

2013.01.09 Wednesday 18:01

cucciolo!

面会に行ってきました
ケージ越しに会える程度かと思ってたら、なんと面会室で会えました。

しかも、よろよろだけど立ってくれました。歩こうとするとコケちゃうけど

一生懸命前に進もうとしていましたありがとうcucciolo!
信じられなかったよ!ゆっくりゆっくり進もうね!一緒にね!

cuccioloゆっくりね〜

2013.01.05 Saturday 10:57

手術取りやめ

 【覚え】通常突起している箇所の切除だけれどuccioloの場合
突起でなく脊髄に大きく広がっていた。切除が出来ないタイプとのこと。
今はグレード5になるのを止める治療。
脊髄軟化症にもなりやすいタイプとのこと。
ここ4日が一番大事な治療になると院長先生。
先生が電話をくれたのは日が変わっていた、脱水が思ったよりひどかった
(ゆっくりゆっくり点滴してくれた。)
麻痺にならないように最善を尽くしてくれると言ってくれた。
私達もくよくよ考えてばかりせず、出来ることさがして、今後の介護の勉強しよう。

Tottiがきちんとおトイレでシーしていい子にしてくれている。
ただ食欲が落ちてる?(単なる選り好みにも見えるけど( ̄ェ ̄)
ひとりの食事ってうまかないよね?

cucciolo~ みんなで待ってるよ〜 


2013.01.04 Friday 20:44

グレード4!???

 まさか!1日にはまだ立てていた、2日は自力でシーもプーもできた。
3日両足が完全に麻痺状態、シーもプーも垂れ流してしまう状態。
お歌の先生は「当院では無理」と判断、名古屋の高度医療センターを紹介してくれた。
3日お歌の病院ではモルヒネで痛みを抑えてもらうが、夜中には薬が切れてひどい息づかい、
同時に熱中症の恐怖。こんな時期に体中保冷剤で冷やす。
落ち着いては発作を繰り返す「明日には楽になるよ、きっと大丈夫」となでてあげるしか出来ない。
もしかして・・・の恐怖が一晩中よぎった。4日朝cuccioloは荒い息づかいなものの息をしてくれていた。早朝3人で名古屋へ緊急で一番に診察室へ、預けて4時間後院長先生から「椎間板ヘルニア
グレード4」とのこと。一番恐れていた「脊髄性軟化症」の可能性は低いと(しかしゼロではない)今日はそのまま入院、ひどい脱水症状改善後CT検査、手術の予定、入院は10日ほど


写真は1日のcuccioloボーっとはしてるものの、歩けるし食事も取れた
おそらくグレード1。このあとたった二日で4までになる。5になったら麻痺が治る可能性はほとんどなかった。4で治療に入れたcucciolo、80%の確立で麻痺は治ると院長先生。
リハビリがんばってまた一緒にお散歩に行こう

2013.01.01 Tuesday 22:34

ごめんね、クッチョロ。

 きょうお散歩中クッチョロが急に歩かなくなった・・・
戻っても震えが止まらない、息もだんだん荒くなり尋常でない様子。
元旦で休診中だけどお歌の病院へ連絡した。
とても親身に受け入れてくれた(感謝です)
「背骨の変形とヘルニア」・・・いよいよ来たかヘルニア
背骨の変形は子供のころから分かって

いた、まっすぐ走れなかった。
将来的なことは考えてなかった、まがってしまう姿もかわいかった。
クッチョロにはいつも「トッティの病院が大変だからクッチョロが元気で助かるよ〜」
なんて話していた、きっとがんばっていたんだと思う。
いつもそう、「そういえばあの時・・・」予兆はあった。ごめんごめんごめん。
注射を2本、痛みは止まったようでぐっすり眠れている。
ただ2週間はお散歩禁止、歩くことも許されない=トッティとは合わせられない。
これがなかなか難しい・・・でもなんとかがんばらねば!写真は夕べ「ウィンクみたい〜♪」で思わずパシャ

 
クッチョロ、クッチョロにはいつも
かゆくない、いたくない、寒くない、暑くない、おいしい、楽しい!で居てもらいたいよ。
絶対に治るからがんばろうね!




<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
カウンター
a wall clock
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.