2016.08.25 Thursday 15:30

信州城三昧

さて、みんなが寝不足寝不足の翌朝

朝食は7時30分にお願いしてあるので、ちゃちゃっと朝風呂とお散歩足跡

(宿の周りは温泉街でゆるい坂道のゆっくりコース、裏山のハードな散歩コースがあります)

朝食は1階の食事処へ、掘りごたつの個室でゆっくりいただけます。

夕食同様、小鉢にかわいらしく丁寧に作られた食事が並んでいました

お米が美味しい!kyuご飯がススムおかずに久しぶりにお代わりしちゃった

とっちゃんもお利口に待てました(眠いだけ)

チェックアウトは10時だけど暑くなる前に目的の観光を開始しなければ手

8時30にお宿を出発(結局貸切だったのかな?)穴場なお宿でした。

私たちが伺った当初とは少し変わったかもしれません(write:2017/6)

松本までは車で15分程度

まずは国宝松本城

早い時間は比較的空いている。

しかし街中は安曇野と違って暑い〜顔

なんとショックこの暑いのにクールネックを家に置いてきちゃったエリザベス死んでまうやろー泣

お城から歩いて10分程のなわて通りまで行って、なにか変わりになるものを探そう!

その前にとりあえず写真

なわて通り

城下町の風景を再現したレトロな雰囲気の商店街、歩くとそこかしこにカエル

(同じポーズとってもらいました)

古民具、駄菓子、喫茶店・・・素敵な手ぬぐい屋さん発見!応急処置しました

私は私の服以外、何か物を買う時の柄や色はmaroに一任です。

今回もお任せで見繕ってもらったけど、やっぱセンス抜群だなー

一安心 ふぅ ゆっくり観光足跡松本は水が豊富な町、歩けば湧き水にあたります

あたる水、全て味見したぶひたち 美味しそうに何杯もがぶがぶ飲んでました

井戸水求め、ぶひちゃんもやってきました。

飼い主さん、松本にはふれぶるが少ないと言ってたなあ〜ここ浜松は多いほうかな。

お次は最大の目的地へ

上田!キター

 

 

真田丸ブームの私、大阪城では飽き足らずとうとう本拠地上田へ来ちゃいました

さっそく上田城へ

しのびさんの歓迎を受け大興奮

顔出しは〜・・・あった!あった!

『幸村!』

これも!これも赤備え兜

場内は結構な人の数、今人気だもんね〜真田丸

この兜の真田家家紋の六文銭

当時、三途の川には渡し舟があり「船賃を払わないと渡れない」とされていたそう

そこで故人が川を渡るに困らぬように、葬る際に六文の銭を傍らに入れる習慣があったそう

すなわち

「常に命をかけて戦いに挑もうという心意気」そんな強い意志の家紋だそうです。

あ、cuccioloととっちゃんは、ゆる〜くていいよえへ

あー楽しかった信州旅山きっとまた来ようね!

cuccioloもtottiも楽しかったかな?お付き合いありがとね!うふ

maroも運転お疲れ様でした〜今日19日は久しぶりに実家に、翌日帰ります〜。


2016.08.24 Wednesday 16:05

信州行こう〜その2

さて、本日(18日)お世話になる「坂本の湯」さん

犬専用宿ではないと思うけど、正面入り口にはマナーゴミ箱。

到着と同時に足拭きバスタオルを持ってきてくださったり、犬は疲れていないか?など

とっても犬WELL COMEなお宿

しかもこちら、犬料金はルームチャージのみ!何匹でも一泊2,000円、超大型犬もOK

ロビーには靴のままあがります、犬はリードをしていれば歩かせてOK

とっちゃん、早速スリスリ(誰も居ないから調子ぶっこいてますちゅん

食事処と風呂は1階、宿泊は2階、3階(全7室、内特別室1室)です。

私たちの泊まる特別室は3階なので階段であがります〜

特別室は二間にお風呂、洗面、トイレがあります(一般室は一間、洗面、トイレ、風呂なし)

早速cuccioloさんお部屋チェック、この隣が寝室、すでにお布団がセットされていました

灰皿があったけどタバコのにおいも犬の匂いもありません、おしっこの跡もありません

一見さびしく見えるのは、とっちゃん対策で座布団を全て撤去したためkyu

(とっちゃんはどんなでっかい座布団でも加えて走り回ります)

玄関も広く、足拭きも楽。ちょろちょろしたがる2匹には、二間ある特別室が正解だった。

素晴らしい温泉もあるし、大人しいわんちゃんなら一般室でよさそう

(食事内容も同じで特別室は一人5,000円UPだし)

夕食の前にお風呂へ

あぁ温泉の匂い豚人工的な手を一切加えていない、やわらかいお湯温泉

露天風呂はなく、総檜の内風呂。湯船だけでなく羽目板まで檜でいい香り。

浅間温泉でも少ない源泉掛け流しの「最高のお湯」と言われて、立ち寄り湯としても有名。

なので部屋数少なくても立ち寄りさんが多いと混むのかな??

今回、夜湯も朝湯も貸切だった

 

ちょっと熱めの46.5度のお湯が、このシブイ瓦から溢れ出ています。

泉質かな?すごく滑るので注意(滑りました)

さて夕食、18時〜か18時30〜の選択でお部屋にて。

最初のお膳

土地のものがふんだんに使われて珍しい品ばかり(ワクワクkyu

盛り付けも丁寧で綺麗!ビールがすすむ〜

お品書きはないけれど、あれこれ考えながら食べるのも楽しい

(ちなみに「鯉の洗い、湯葉と海老の炊き合わせ、くるみ合え、枝豆、寄せ豆腐)

2回目の配膳

海老しんじょのクルトン揚げ(揚げたてサクサクでおいしかった〜)

里芋の包み蒸し(これもできたて)

3回目の配膳

鮎の焼き物に、ご飯と香の物、お味噌汁。鮎はもちろん焼き立て。

白いご飯に鮎をほぐして、おいしかった〜

豪華絢爛ではないけれど、ちょうど良い量でいい味付けで楽しめたお食事でした

なんかしみじみ・・・おいしかったなぁ美味しい

あとは寝るだけだね!しっかり寝てくださいね!

あやっすぃ〜白黒の子!あやしい匂いがぷんぷんふふっ。

ほかのわんちゃんも居ない様子だし、静かにゆっくり眠れる〜

はずだったのに!

とっちゃんのやろー手ひとりで、はしゃぎやがった〜泣


2016.08.21 Sunday 16:54

信州行こう〜その1

すっかり、お盆の宿の予約を取り忘れ、諦めかけていた頃・・・

ぽろっとお宿が取れたー!

いざ出陣!信州へ出掛けました〜車

まずは安曇野ワイナリー

初めての葡萄畑に興奮〜

建物内以外は犬OK!葡萄畑を眺めながら冷たい

安曇野ワイナリー特製「ヨーグルトドリンク」

すっきり味でおいしい〜おかお(幸せ)

cuccioloはいつも豪快だ kyu

とっちゃんはいつもちびちび(気に入ったようで結構飲みました)

こちらで夕食時のワインを買って、お昼はテラスでお蕎麦と考えていたものの

あちーのなんの顔で、おぶひ達には車で待機してもらうことに。

我々だけ蕎麦屋の「常念」さんへ

こちらはテラス席はなく、落ち着いた古民家の蕎麦屋さん、お座敷はほぼ満席

山葵ざる蕎麦

美味しゅうございました

続いて向かうは北アルプス牧場〜

牧場!牧場と言えば??

そう!これ、これですね?cuccioloさんうーん

おいしくいただき、売店で夕食時の地ビールを買って

次の目的、わさび大農園〜

園内、ずずずいっときれいな水が流れ、暑いんだけど気持ちいい〜

緑が多くて癒されます、おぶひ達も気持ちよさそう。

くるっと一周、名物わさびコロッケをつまんで、のんびりしてたらもう15時!エリザベス

楽しい時間はあっという間〜本日のお宿へ向かいましょう

浅間温泉『坂本の湯』さん

こちら松本市都市景観賞を受賞した数寄屋造りのお宿

明治18年開業、気品と趣を感じる温泉宿、温泉も評判です

ここが犬OK?と驚く佇まい

わんこ専用ではなく、マナーがまもられれば犬ちゃんもOKというスタイル

わっくわっくでお宿に潜入ですーえへ


<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
カウンター
a wall clock
ひろば
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.